キャバクラボーイとして活躍しようと思えば、まず始めにマスターしておきたいのがキャストの扱い方じゃないでしょうか。

キャストのみなさんが働きやすい環境を整えていく、と言えばなんか響きがかっこいい感じがするんですが、実際には結構大変な部分も多いです。
でも、ここがボーイの仕事の中では一番肝心なところなので、ちょっとコツなんかをまとめてお話してたいと思います。

1.絶対に中立の立場を守るべき


お店で働いていると、とかく間に挟まれるような事が多いのがボーイの仕事。

具体的に言えば、お客さんとキャストがちょっとした事が揉めた場合だったり、キャスト間で小競り合いが出てことだって結構あります。
どっちにしても二者間で揉めてるわけですが、ここでどっちかの肩を持つと大抵”更に揉めます”
面倒くさいと思うかもしれませんが、中立の立場から両方を諌めるのがここではポイントです
収まったあとは、個別にフォローしていけばいいんです。

2.キャストへのフォローは怠るな


1の話じゃないですけど、基本キャストさんへのフォローは手厚いぐらいが丁度いいです。

ご機嫌斜めな子がいたら持ち上げる、揉めてたら相談にのってあげるとか、とにかく動物の世話をするぐらいの丁寧な感じが丁度いいかもしれません。
キャストさんがいるから働いていられる、そんな立ち位置なので、しっかりとフォローをしてあげてください

3.キャストにはこまめにアドバイスを


プロって感じの子から、まだまだ駆け出しの子まで、お店には色んなキャストさんがいます。

慣れてる子にアドバイスをすることはほとんどないと思うけど、まだ慣れていない子だったり、端からみてて気になる事があれば、色んなアドバイスをうまくしてあげてください。
上からじゃなく、親身に相談になるような感じで優しく言ってあげた方がいいです

4.キャストを守るナイトだと思え


キャストさんはお店にとって貴重な商品です。
商品の管理を現場で行うのがボーイの仕事のようなものなので、傷付かないようにうまく空気を読みながら立ち振る舞いをすることがボーイには求められます
フェミニストなら全然いいんでしょうが、中には腹が立つことだって色々と出てきます。

でも、これが仕事なので、キャストの管理をする仕事の中に”守る”というものがあると考えればいいかもしれません。
また、えこひいきみたいに見える行動をとるとバッシングされるので、そういうのも気を付けておきたいところですね。